現代アートの内緒 

アーティストとしてデビューするきっかけは、前にも書きましたが、これと言た定型はありません。何かのチャンスに乗る。というのが普通かも知れません。私の場合もそういった感じでした。 “パープルプローズ“と言う、発行人Elein Fleissと評論家Olivier Zahm、を中心に作られた自主出版のアート雑誌が当時、旋風を引き起こしました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more