クリアランス恐山

私は今回、帰国して東京、京都、そして福岡と見ましたが、殆ど外国人になってしまった私の目からは、日本の美しさ、特に日本の田舎の美しさは信じられない程、神々しく、世界中でこの様な国は全く無いと核心しました。
多分、私がずっと日本に居たらこの様な視点で日本を見る事は難しくなり、日本の悪口ばかり言っていたのでは?と思います。
西欧のコンセプテュアルアートに対して日本発のメッセージ、世界を変える事の出来るアートはこの美しい日本そのものであり、その神々しさであると思います。
“クリアランス”
マーケティングの見方として海外の化粧品のテレビコマーシャルをお勧めします。
女性は本能的に本質を見抜く能力が男性のそれより優れている場合が多いと思います。そして、その美に対する マーケットの動きは化粧品のテレビコマーシャルなどでかなり確実に掴めます。
海外の化粧品のコマーシャルでは“ビューティー(美しく)”という表現を使う頻度が確実に減っています。それに変わる物として顕著に使われる様になっているのが、“クリアランス(透明感)”例えばシャンプー、コンディショナーなどのコマーシャルでも使われます。
本来、“髪の透明感“ など物質的に考えれば髪が透明になれば私の様に”坊主頭“になる訳で、その様な物を顧客が要求しているとは思えません。
ではこの“クリアランス”は何を言っているのでしょう?
私の感ずるに、これ、質感の事と同時にその言葉の響きから来る精神的な物を表現しようとしていると思います。
“ビューティー”やフランス語の“Beaux”はどうしても物質的イメージが強く最近はちょっと敬遠されている言葉となってきている感があります。
この“クリアランス”又は“透明感”
これこそ日本の最強の武器だと思います。
まず、とても曖昧な表現で有る事。コンセプテュアルアート全盛の頃にはこの曖昧さは受け入れられたでしょうか?今、世界はこの曖昧さを受け入れられる準備が出来ているとマーケットは言っている訳です。
“クリアランス”
実はこの感覚を海外で感じる事は日本でのそれに比べ非常に難しいのです。
では、この日本人なら普通になっている“クリアランス”どこで顕著に感じられるか?
と言うと神が居ると言う森です。
そう、神社です。どこの神社も大抵うっそうとした大木の木々に囲まれ気持ちがとても“清らか”になりますよね。
この“清らかさ”こそが“クリアランス”
透明な湧き水がこんとんと沸いている所も多いかと思います。世界中で川が透明と言う所は日本だけ?と思える位、海外では透明な自然の水はありません。スイスもありますが日本のコケの生す岩場から湧き出す神々しい透明な水には程遠い物がありましたし、あっても別にこれが神聖な物となっておりません。
私の友人で東京外国語大学の客員教授を嘗て遣っていたヤコブ ラッツと言うイスラエルの文化人類学者がいます。彼は山口組組長宅に居候をしてその体験記を載せた本を、日本を含め世界中で発売していますが、その友人に日本の何が好き?と聞きますと“美しい日本“とありきたりの文化人類学者らしからぬ答え。で、日本の何処が最も美しい?と問いかけると。ダントツに”青森の恐山“と。
実は、お恥ずかしい事に私はまだその日本一美しい“青森の恐山”に行った事が無いので何とも言えないのですが、普通、日本の3大美しい風景とかに入っていないですよね?
イタコなる人達が居る事は分かるのですが。。
私の想像ですが、イタコなる人達が居るとなると、相当に神々しい山で“クリアランス”すぎてビシバシ切れる様に感じられるのかも知れません。
どの様に美しいの?と聞いても別に風景の美しさを具体的に語る訳でもなく、イタコの話をしていました。
私は今思う事は、彼の中で“美しい”と言う事は“精神的な美しさ“の事であったのではないか?当時、世界ではまだ”クリアランス”と言う表現が多用されておらず、“美“という表現を借りたのかな?と思いました。
“世界が求めている物が日本人の中心部にある“
しかし、“当の日本人がその事に気がついていない。”
“気がついていてもどの様な形にして発信して良いか解らない。“
こういう事だと思います。
発信べたのいい例を話します。
日本には海外に発信出来る多くの興味深い文化を持っています。
しかし、そういった物の発信となると、いきなり農協レベルになります。
そういった物を発信する企画としてNHKの“Cool Japan“から発して何処かの政府機関の遣っている“Cool Japan“という題名の殆ど地方物産館乗りの海外でのイベント。私は海外で企画イベントの仕事もしていますが、この“Cool Japan“と言う題名のカッコ悪さには嘗ての農協の団体が海外旅行を見ている様に奇妙な物として見えます。
自分を紹介するのに“カッコいい有吉 修史”とか言うでしょうか?
お笑いのりだと良いと思います。
企画自体はとてもいい物と思います。しかしそのたった一言の農協センスが。。
結局、又、日本の官庁とかがわざわざ絶好のチャンスを潰している訳です。
ま~、そういう日本ですがみなさん腐らずがんばりましょ~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック